カードローン借り換え審査比較ランキング

カードローン借り換えとおまとめの違い

消費者金融や銀行カードローンでの借金の返済で苦しんでいるという方は思いのほか少なくありません。借りた当初は返済できると思っていても、返済している途中に例えば収入が減ってしまったり、あるいは油断して借りすぎてしまったりなどすることで当初の計画通りに返済ができなくなっていってしまうというケースは決して珍しくはないのです。

 

返済に困ってしまうようになると、そのままにしておけば延滞となり、債務整理や最終的には自己破産などといった道につながってしまいます。そうなるまえに、現在あるローンをより金利の低い新しいローンで借り直すことで、返済が楽になることがあります。

 

新しいローンに借り直す、こうした仕組みのローンとしては借り換えローンとおまとめローンといったものがあります。古いローンから新しいローンへと借り直すという点では2者は同じような性質を持っていると言えますが、借り換えローンとおまとめローンというのは内容的には別のローンとなります。

 

借り換えローンというのは単純に現在のローンを新しいローンに借り換えることで、一般的には借金の件数は1件から1件に借り直すケースのことを指します。1件の借金だと、借り換えたとしてもそんなに返済負担は変わらないのでは?と思うかもしれませんが、金利の高い消費者金融から低金利な銀行カードローンへと借り換えた場合にはどうでしょうか?高額や借入や長期の借入の場合には特に負担を圧縮することができるでしょう。

 

一方おまとめローンについてですが、こちらは名前通り、複数ある借金を一本にまとめることを目的としているローンです。おまとめローンと言われてはいますが、内容的には借り換えの一種であると考えておいていいでしょう。おまとめローンを利用するケースとして多いのが、消費者金融で複数借入している方が一本化するというケースのようです。確かに、小額ずつ何社かで借りた場合、上限金利の高い消費者金融のカードローンでは利息負担が大きくなります。まとまった金額になればなるほど適用される金利も低くなっていきますから、おまとめローンを利用することでかなり負担を圧縮することにつながるのです。

 

借り換えローンもおまとめローンも、新しく借り直すことにより返済計画をシミュレーションして見直し、立て直すことができる点は負担を減らすこと以外にも大きな利点となります。そのためにも、返済が厳しくなってきたという見通しが立った早い時点でカードローン借り換えに踏み切ることが大切です。

 

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
オリックス銀行
オリックス銀行カードローン
3.0%〜17.8% 最高800万円
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円
アコム
アコム
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円